転職 資格

転職に資格は有利?それとも?

転職に資格は有利なのでしょうか?

同じ年で同じ経験やスキルを持っている人と比べた時に、ライセンスがあるのと無いのでしたら、あったほうが有利です。

 

しかし、全てが当てはまると言ったそうではありません。業務に必要なものであれば有利ですが、まったく業務と関係無いものであれば、たくても問題は無いでしょう。専門職などその仕事するのに必ず必要なライセンスを所持していないと就職する事はできません。一般的に就職活動は新規採用の事を指します。

 

新卒の学生が対象です。新卒を採用する意味は企業が人間を育てるという事です。基本的に人物重視の採用死刑になります。なぜ入社を希望したのか、入社した場合どのような事で貢献できるのか、これから入社してから磨けば光る人材なのか確かめられます。新卒に対して、転職の場合は、即戦力が求められます。基本的に実務経験がなければ、難しくなります。今までの経験やスキルを生かして新しい会社でどのような貢献ができるかが採用の決め手となるでしょう。また業務で使えるライセンスを所持していても、今までその業務に携わった事がなければ実務経験としてみなされませんので有利ではありません。実務経験が最優先されるのです。ただし、同じ条件で二者選択となった場合に、有利となるでしょう。

 

今の時代はパソコンのスキルが必須です。エクセル、ワード、パワーポイントなどビジネスで不可欠なソフトウェアを難なく利用できますとプラスポイントになるでしょう。履歴書や職務経歴書等どの方法書類にて生で今日でエクセル、ワード、パワーポイントなどの一般的な会社で利用するソフトウェアの利用ができるとPRしても採用担当者にとっては手に取るように、その人のスキルがわかるわけがありません。

 

転職の際、履歴書や職務経歴書へIT関連の資格を記載しておきますと自分がそのスキルを持っていると、あまりよく分から無い人にとっても一目でわかるようになります。これから転職活動で有利になりたいと思った場合には、業務で利用する資格の取得も大切ですが、IT関連のスキルを証明するライセンスを取得しておきますと万能にPRする事ができますのでお勧めです。ライセンスの取得には費用がかかりますが、自己投資だと思いストックしておきますと、転職後や後々収入として返ってきますので、目先の事を考えず取得することをお勧めします。

転職する際に持っていると有利になると考えられている資格の有無ですが、多くの求人は経験を求めている傾向にあります。特に中途採用では、経験を重要視する求人はさらに多くなります。即戦力が必要とされる企業やアパレル 求人 正社員の場合にも、応募資格に一定の経験年数を求められることが多いです。

 

ただ、職種によっては資格が重要視される場合もあります。資格が必要な求人として、医療系の専門職や、建築、土木系の技術職、営業系などがあります。特に医療系や建築系の分野では、薬剤師やMR、建築士を取得していない方は、業務に就くことができない業務独占資格が多い傾向にあり、これらの職に転職する際は、必然的に取得をする必要があります。

 

また、金融系や不動産、士業系などの専門職も医療系や建築、土木系ほどではありませんがある程度は有利になるようです。一方、IT、通信系、クリエイティブ系、事務系アシスタントは、重要視されない傾向にあります。ITやクリエイティブ系は、実務経験の方を重要視します。

 

中途採用では自動車免許を必須としている求人が多いです。特に顧客を訪問するスタイルの営業系、建設現場に足を運ぶ必要がある建築系は自動車免許を持っておくと転職に有利になります。企画管理系や事務アシスタントでは、日商簿記検定を持っておくと転職に有利になるようです。

 

宅地見物取引主任者を取得しておくと不動産や、営業系への転職で役に立つことが多いです。IT、通信系はそれほど重要視されませんが、実務経験に加え、SAPR/3認定コンサルタントを持っておくと、より転職がしやすくなります。

転職活動をするときには、資格はないよりもあるほうが良いのですが、なしでも転職活動が成功することもあります。

 

必ず取得しておかなければならないというわけではありません。もちろんですが、応募条件に記載されているときには応募ができませんから、これは例外です。しかし、取得していれば必ず成功するというわけではないという点に注意しておかなければならないでしょう。

 

資格なしでも転職活動は成功することがあるのですが、このときにはやはり経験が買われていると考えておくべきです。実際に働くためには経験が必須なものとなってきます。すぐにでも仕事に取りかかれるだけの経験があれば、資格なしでも転職活動は成功することが多いのです。

 

ただ、経験があることを照明するために取得しておくというのは良い方法です。経験があるといっても、面接だけでそれを示すのは難しいことです。資格を取得していれば客観的に示すことができますから、採用する側としてもメリットは大きいと考えられるのです。

 

転職をする時にはこのように経験のほうが重視されると言うことに注意しておく必要があります。なしでも転職ができることが多いのですが、このときにはやはり取得しているのと同じくらいの知識は必要だと考えておくべきでしょう。応募条件にもよりますが、もしも取得していなくても良いという場合には、面接で知識や経験があるかどうかを問われることになりますから、それに答えていくことは必要となってきます。

転職をするときには資格を取得しておくと有利だと言われることが多いです。これは本当のことなのでしょうか。

 

確かに、受け入れる側としては能力がどれだけあるのかを判断する事が必要となってくるのですが、そのためには、何もないよりはあるほうが良いです。これくらいの感覚だということを知っておく必要があります。資格を取得していれば転職ができると考えるのは勘違いです。

 

もちろんですが、これは種類によって異なります。取得するのが非常に難しい資格を取得することができれば独立することができる場合もあります。ですから、転職に有利になる事もありますが、それよりも経験のほうが重要だと言えるでしょう。

 

転職先の企業がなぜ中途採用をするのかということを考えてみれば、これはすぐにわかることです。求められているのは即戦力だということを知っておく必要があります。不足した人員を補うために中途採用をすることもありますし、また新たなプロジェクトを実行するために人材を採用することもあります。どちらの場合にも、採用されればすぐに働くことができる人材が求められていると言えるでしょう。ですから、経験がない人は採用されないと考えておかなければなりません。

 

資格があるだけで経験が全くない場合には転職活動が成功する可能性は低いと考えておくべきです。このように考えて自分を売り込んでいくことが転職活動では重要なこととなってくると考えておくべきなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ